税金・財務・経営に関するご相談|決算申告支援センター福岡

税理士事務所はどこも同じではありません。
帳簿・申告書を作成するだけの税理士事務所に満足ですか?

企業は、厳しい経営環境の下生き残るため、「過去」よりむしろ「これから」に関心があります。 そのため、税理士事務所には「過去」ではなくて「これから」について経営のあらゆる場面において専門家としてのアドバイスを求めているのではないでしょうか?

税金
法人も個人事業主も、税負担は非常に大きく(法人は40%、個人事業主は最高55%)、経営戦略を描くにあたって税金は無視できません。また資金をできるだけ流失しないためにも、節税対策が必要となってきます。
財務
銀行融資の際には、決算書が重要な審査材料になります。そのため、大きく売上が落ち込んだ年は融資を受けられないこともあります。円滑に融資を受けるためには、結果としての決算書を作るのではなく、綿密に決算予測・融資対策をしてコントロールした決算書を作る必要があります。
また、現代の取引は複雑・高度化しており、資金繰りに失敗して黒字倒産ということもありえます。融資に頼らない経営をするにしても資金繰りは非常に重要です。
経営
設備投資、撤退、M&A、会社分割などの事業再編には、税金や財務などが複雑にからんでくるとともにその金額も高額になります。事業再編の成否を見極めるためにも税金・資金繰りを織り込んで計画実行することが重要です。
従業員の問題、各種手続き、その他経営には日常的に様々な問題が付きまとうものです。多くの企業を指導している税理士の立場から求められている助言・アドバイスは数多くあります。

私達は、「税理士事務所と顧問先企業は運命共同体である」と考えています。
顧問先企業の成長があって税理士事務所の成長があるのです。
そのため、私達は顧問先企業の安定成長のために本気でアドバイスをいたします。

お知らせ

2012/01/19
ホームページを開設いたしました。

お問合せ